頑固な水虫に悩んでいませんか?市販薬をいくら試しても再発の繰り返しという方はいないでしょうか?お悩みの方に、本当の水虫の治し方を伝授します!また、水虫に関わる様々な情報をまとめました!これであなたも水虫卒業!Yeah!

きれいな脚
  • ホーム
  • 水虫をうつさないために心がけること

水虫をうつさないために心がけること

水虫という病気はうつりやすい上、治療にも時間がかかる大変やっかいな病気です。
症状が悪化するとかゆかったり痛かったり、つらい症状を伴うものです。
また不快な臭気を発することも多く、周りに迷惑をかけてしまいがちです。
家族や周囲の人にうつさないために日頃から注意しておきたいものです。

水虫菌(白癬菌)は皮膚のかけらなどと共に床に落ち、それが他の人にうつる原因となることがあります。
また水虫菌は生命力が強く、長時間生き続けられる点もやっかいです。
水虫菌が落ちているとも知らない他の人は皮膚に菌が付着し、一定時間以上洗い流さないと皮膚の中に侵入し感染することとなります。
この水虫菌が最も落ちることが多いのが、風呂上りで、ふやけた皮膚から浴室のバスマットやタオルなどに付着します。

このため水虫は、同じ場所で生活している家族に感染しやすいですから、共通で使用しているものには注意が必要となります。
例えばバスマットやスリッパは家族といえども共用しないのがベスト。
これらは直接素足で触れるもので、なおかつ湿っていることも多いので水虫菌にとっては大変好都合な場所となり得ます。
同じものを使用すれば感染してしまう確率が非常に高くなってしまいます。

家や部屋の入り口に置いてある玄関マットなども共用部分ですので、これも注意が必要です。
素足で触れないことと、こまめな日干しを行って乾燥させ殺菌に努めましょう。
また部屋の掃除もこまめに行いたいものです。
家の中の床や畳の中、ゴミやホコリの中に水虫菌が存在することがありますので、やはりこまめに掃除し風を通して換気しましょう。

家族の中に1人でも水虫になった人がいたら、自覚症状がないだけで他にもいるかもしれません。
家の中を水虫菌で蔓延させないために、家族みんなが水虫でないか調べることはいいことで、もし水虫であったら自覚症状がなくても、治療に努めましょう。
初期状態でしたら治療時間も費用も負担が少なく済みますし、周囲にうつさないということは同じ生活圏内の自分もうつりにくくなることに繋がります。

公共の施設でも注意する

日常生活で家以外にいると、案外靴を脱ぐ機会が多いものです。
温泉や銭湯・プールなどの公共の場・施設はもとより、宴会などの酒席でも玄関マット上で靴を脱ぎます。
このようなときはスリッパなど施設専用の履物が準備してあることも多いです。
このときうっかりスリッパを履いてしまうと、前の人が保菌していた水虫菌が足に移ってしまいことがあります。

すぐにお風呂などに入って洗えば問題ありませんが24時間以上そのままだと、水虫菌が活動を始めてしまいます。
温泉や銭湯などは大丈夫だと思っていても、他の人の菌がマットに残ったままになっていることもありますので、なるだけスリッパやタオルなどは自分用を持参したほうがいいです。
他の人が素足で接する可能性があるものは極力素足で接触しないようにしましょう。

水虫は靴下を履いていてもうつるものです。
しかし靴下を履いていないよりは感染防止に役立ちます。
靴下はウール素材のものや綿素材のものなどの厚みのあるものは通常の靴下よりも菌を通しにくくなります。
しかしながら靴下を長時間履いたままだと足が蒸れてしまい、水虫菌が活動したりして治療状況としても良くありません。
スリッパなどが履ける状況であれば、持参した履物を履くほうが良いでしょう。

最近は衛生上の観点から、病院などの公共の場でも使い捨てやクリーニング済みのスリッパなどが導入されていますが、まだまだ靴を脱ぐ場面は多くあります。
工場見学などの場面では共用スリッパを履いたりするでしょうし、このような時は要注意と言えます。
また水虫という病気は、かゆみなどの自覚症状のない場合もあります。
水虫ではないという人でも病状が進行中であることがあり油断できませんし、またその逆もしかりです。
うつしたりうつされたりしないよう少しでも兆候を感じたら調べたり、病院に行くなりして水虫の治療・撲滅に努めたいものです。

関連記事